「江~姫たちの戦国~」の公式サイト6月/更新情報

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の公式サイトの6月/更新情報をお知らせします。

[江 詳細ロケ地情報]
http://loca.ash.jp/info/2011/t2011_go.htm




2011年6月26日放送
第24回「利休切腹」【あらすじ】
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story24.html
 

北条との戦いで勝利した秀吉は、戦で功績があった
武将たちに論功行賞をおこなった。
 

家康には、北条家が領有している土地を加増、国替えを命じる。
これまで治めていた土地を奪い荒れた地を与える仕打ちとなる。
 

前回、茶頭辞任を申し出た利休と秀吉の関係に暗雲が立ち込める
その身を案じる江は秀勝に相談

利休は愛弟子の古田織部に後を託そうとします。
秀吉は、引き止めるために横暴な振る舞いにでるが。。。
 

そんな中、弟の秀長が急死
秀長は息をひきとる前に秀吉に遺言をのこした。

秀吉はその遺言を聞いてどう思ったのか・・・
 

利休は最初は秀吉が面白い人物だから茶頭になったそうですが
今は秀吉に茶を立てるのが嫌になったから茶頭辞任を申し出たんですね。
 
 



2011年6月19日放送
第23回「人質秀忠」【あらすじ】
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story23.html
 

秀吉の妹の旭が病にたおれ、江と秀吉は大阪から駆けつけます。
旭は家族にみとられ生涯を閉じる。
 

徳川家から代理で竹千代(向井理)が旭の死にぎわにあちあいます。
そこで江ははじめて竹千代と出会います。
 

その翌日に竹千代を元服させ秀吉は竹千代から「秀忠」と名乗らせる。
娘をなくした大政所が竹千代の前髪を役をつとめます
 

江は秀吉におこっていると、そこに秀忠がやってきて
秀忠の皮肉な態度に江は秀吉をかばっていた。。。
 

この回で江の3番目の夫となる秀忠と対面するわけですが
初の時みたいではなく、全く逆でトキメかなかったのがわかると思います。
 

そして、小田原攻め!
あの一夜にして城を出現させる戦略の石垣山城
スタッフがCGを駆使してつくりあげたそうなので注目ですね
 
 



2011年6月12日放送
第22回「父母の肖像」【あらすじ】
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story22.html
 

先週で、茶々と江が和解できてよかったですね

ついに秀吉の子が生まれます。
子を授かったことを祝い秀吉は淀の地に城を築くと決めます。
この城は産所となります。
 

まだ男か女かも分からないし、出産は4ヶ月も先なのに
秀吉は男子の物を準備していきます。
 

それをみて江はあきれていますが、茶々も「男の子を産む」と決意します。
茶々は男子だったらかなえてほしい願いがあると・・・

いったいどんな願いなのでしょう。
生まれるまで江にも打ち明けようとはしません。
 

そして、徳川秀忠役の向井理さんの登場もあります。
このときはまだ竹千代です。
 

三姉妹の父母の肖像画も登場しますが
この肖像画、試行錯誤を重ねて“似すぎず違いすぎない”
ように仕上げたそうです。
 

予告ではチョットしか確認できませんでしたが
たしかに“似すぎず違いすぎない”な感じはしますね。
 
 



2011年6月5日放送
第21回「豊臣の妻」【あらすじ】
http://www9.nhk.or.jp/go/story/story21.html
 

江は、姉の茶々様が秀吉と結ばれたことを知ります。
秀吉がきらいな江はとてもショックをうける。


ずっと思っていた茶々と結ばれ浮かれた秀吉は
家康と利休の前でのろけています。
 

秀吉がきているのを知り江はいつものように、
秀吉のもとへどなり込みに行きますが茶々様は秀吉の味方に付き
さらなる衝撃…江は茶々をさけるようになります。

初は仲裁しようとしますが、秀吉と茶々の間に子ができて
江の態度は悪くなるいっぽう。。。
 

そして北政所も、さすがにショックを受けたようですね。
 

利休の茶室には、徳川家康が!
利休と家康が一緒のシーンはこれが初めてなんだそうです
この二人にも注目してみたいですね^^

2011年6月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ドラマ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク



トラックバック&コメント

このサイトは非公式ファンサイトです。
当人・所属事務所・公式サイトとは一切関係ございません

本人宛てのメッセージはご遠慮ください。
※コメントは管理人が承認しないと一般公開はされませんので
言動発言に不適切なことが書かれている場合は消去しております。

The comment is an approval system
The instruction to other sites removes it


コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ